doremi-farmers BROG----♀
2008 04< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>06
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 
--.--.--.--



黄金比

最近ひまさえあれば、野いちごを摘んでいる気がする。
すると耳元で聞き覚えのある、あの音…。

ぷーん ぷ??ん

もうそんな季節なんだなぁ。
かとり

今年はずーっと欲しかった蚊取り線香入れを買ったので
ちょっとだけ気分がいい。我が家はベープより線香派。



P1060592.jpg

私が今までで一番よく作ったお菓子、
カスタードプリン。ごくごく普通のプリン。時に珈琲風味。
母がいつも作ってくれていたので、自然と作るようになったもの。
今頃だけど、黄金比を見つけてしまった!
プリン液の比率、温度と時間。プリンって意外と繊細。
これはささやかな幸せだぁ。

14年目の私のオーブン。
何の変哲もないオーブンだけど、こうして今更仲良くなれたレシピもある。
壊れたら…男泣きしそうです、ワタシ。




comment:8  trackback:0
2008.05.29.Thu



ワイルド

P1060590.jpg

昨日、取れる限りの野いちごを摘んで食べた。
と言っても小びんにひとつぶんくらい。
野生のフランボワーズは、なるほどそのような窪みが裏にあり
なっているさまを見てまたなるほどと感激☆

色づくのはまだ先か、と思っていたらもう今日には
いっぱいの赤いつぶつぶ。
よい季節になったなー。
蚊に刺されながらもまた取れる限り集める。

初めは、味という味がしないなと思ったが
どうやらそれはへびいちごだったみたい。
野いちごにそっくりで、もっと深紅色をしている。
スポンジ状で食べてしまったことを少し後悔する。

ほんものの野いちごはと言うと、意外に甘くてちょっとすっぱくて
つぶつぶの食感がリズムを生んで楽しい気分になる。

昔、いちごは高級品だったから、おばぁちゃんにとっては
これが本当のいちごの味だーと言っていた。
寄り道の秘密の味はたくさんの思い出の味でもある。






comment:8  trackback:0
2008.05.23.Fri



あるもので暮らす

P1060587.jpg

先日のお茶の葉を新鮮なうちに煎ってみる。
途中揉んだりという行程を、説明を受けた通りに忠実に。

鍋一杯、ふっくらした若い葉っぱはみるみるうちに
小さくなってしまった。野菜炒めみたいに。

カラカラになったお茶の葉は、ここでやっと
「お茶の香り」を漂わせ始めた。

飲んでみる。
P1060580.jpg

!!!!!
色はそう濃くなく心配していたけど
甘くて優しいお茶の風味がしっかり出ていた。

さっきまで、、ただの緑の葉っぱだった。
鍋の中で水分を飛ばされて、カラカラに干上がった葉っぱたちは
また息を吹き返したかのようにぷゎ?んと葉をひろげた。

いきものだなぁ、と思った。
そしてお茶を作る手間の大変なこと、、
これからもっと、感謝して飲まなくちゃ。
プロが作るともっと葉っぱも活きるのだろうし。

今年の、夏も近づく八十八夜は6月1日だそう。


木が家が。
せっけん
         DOREMIスタンプ。
          押すタイミングが難しく、失敗。


私が廃油のせっけんを作る訳は、
油が汚れたから、汚れ落ちがいいから、そして楽しいから。
手も荒れない上に泡切れもよくて。
こんなにいいことばかりなのに、便利の裏に危険が潜む
合成洗剤を買う理由がどこにあるだろう。

あるもので楽しく暮らしたい。




comment:10  trackback:0
2008.05.21.Wed



あか、みどり

P1060576.jpg

新茶。
新芽のグリーンは葉っぱの赤ちゃんだけあって
本当に初々しい鮮やかなグリーンをしている。

これを乾煎りして軽くもんで…ってことをして
お茶になるのだけど、摘みたての葉っぱに熱湯を注ぐと
ちょっとしたハーブティのよう。
だけど「お茶」ってことを意識しないと
その辺の葉っぱの味がしないこともない。

濃いお茶が苦手な私にとってはこの飲み方は
白湯にほんのり香りがつく程度なので飲みやすい。


P1060577.jpg

今日はとよのか。
ブログにアップしていたのは大抵がべにほっぺ。
ふたごちゃんいちごはさがほのか。

とよのかは、ロングセラーの品種だ。
味はというと、甘み酸味のバランスがよく、
優しい味わいで根強いファンが多い。

果肉が柔らかいのも特徴なので子供にも食べやすく
傷みも早いので摘みながら食べると言うのが最高だと思う。
お日さまに当たると着色するので裏面が白いことがあるけど
味は多少白くてもちゃんと甘い!
完熟するとヘタがそれてくるので食べやすさもポイント高し。

・・・そして、とよのかと言えばこの形!
いちごらしくてつぶつぶは控えめ、葉っぱとのバランスといい
私はとよのかのこの形が一番大好き!…うっとり。




comment:4  trackback:0
2008.05.19.Mon



5月、植物記

久々に寝込んだ体調もほぼ復活してきたことだし
リハビリ?も兼ねて間引きという名のリストラをする。

鉢の大きさで住人は決まるから、うかうかしていられませんよ!
(別にムシャクシャしていたわけではない)

          ウォーターマッシュルーム
          水栽培もイケるタフなやつ
          P1060561.jpg

P1060568.jpg
ブラッククローバー
もはやブラックとは名ばかりの
ただのクローバーと化している


春先に植えた種もスローペースだけど
頑張って芽を出してくれている。

種から芽が出て葉が増えて行き、花が咲き…
不思議なことであるようだけど、これが自然のしくみ。
ごくごく自然なこと。

チェリーセージ
この小さな双葉も既にセージ!
P1060570.jpg

ミモザ
ミモザもそう。小さいくせに、ちゃんとミモザ!
P1060572.jpg

赤い花
えぇっと…とにかく赤い花が咲く。
P1060571.jpg

まだまきたい種がいくつかあるけれど。
愛情が分散されすぎないように、ゆっくりとゆっくりと…



私のお気に入りのハーブが花をつけた。
タイム

レモンタイム
薄紫の小さい小さい花

ハーブももう少し増やしたいと思いつつ…欲張らない欲張らない。
でも、いつかきっと、という野望だけはすくすくと育つ。





comment:6  trackback:0
2008.05.16.Fri



twins!

futago.jpeg

見たことある人は少ないと思う。
「いちごのふたごちゃん」!!

ヘタ取りの最中、大量のいちごの中から見つかったこの子。
あれ?あれれれ?ヘタがひとつしかない!

色んな角度からまじまじと観察してしまった。
ぶどうは皮がつながっていて、中身がふたつ。種もふたつ分。
いちごはヘタ以外は立派な独立した実がふたつだった。

かわいいなぁ
ふたごってだけでもかわいいのに…
いちごってだけでもかわいいのに…

やめられないとまらない日々。
ここでの暮らし、好きだなぁ。




comment:9  trackback:0
2008.05.06.Tue




    home    
チチコレ(03.12)
わが子(02.18)
パーティ(02.16)
(01.15)
冬がはじまるよ(12.08)


つくりもの(4)
考えゴト(6)
未分類(27)
暮らし(46)
たべもの(14)
いきもの(11)


2010.03(1)
2010.02(2)
2010.01(1)
2009.12(1)
2009.10(1)
2009.07(3)
2009.05(1)
2009.04(1)
2009.01(2)
2008.12(1)
2008.10(4)
2008.09(5)
2008.08(2)
2008.07(9)
2008.06(5)
2008.05(6)
2008.04(6)
2008.03(3)
2008.02(6)
2008.01(6)
2007.12(5)
2007.11(14)
2007.10(14)
2007.09(9)





アラレ
自然が好き、人が好き
観光農園を夢見て
南ペンギン村で修行中の
アラレ日記

せんべい日記は下のリンクより


せんべい日記
うちまたスキップ
admin






Template*skin.to.farrow


Copyright ©doremi-farmers BROG----♀ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。